静岡ミュージッキング・ラボのCDページです。これまでに発表したアルバムをご紹介します。

Amazonなどでお取り扱いしています。 

後藤友香理ピアノ・リサイタル ~古典調律の世界~

演奏や聴取の多様な可能性へ ― 構想5年の意欲作! 古典調律と平均律を聴き比べるユニークな1枚!

ピアノを平均律で調律することが一般的になったのは19世紀末からと言われており、それまでは人々は今とは違う音律で音楽を聴いていました。
我が国でも1980年代ごろに古典調律の復活が提唱されたこともありましたが、演奏会場のピアノを調律替えすることの困難もあり、今ではほとんど見られなくなりました。本CDは、古典調律を施したピアノを運び込み、平均律と古典調律の2台のピアノの聴き比べで大好評を博した2020年の演奏会のライヴ録音です。作曲者の意図に寄り添った丁寧な解釈とあいまって、聴き応えのある演奏となっています。
音律は数学と深い関係があります。音律のフシギを知ることでこれまでの音楽の聴き方が変わるかも。音楽と数学の素敵な関係を味わえる1枚です。

【収録情報】
〈古典調律キルンベルガーII'による演奏〉
●J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻より前奏曲ー第1番ハ長調 / 第8番変ホ長調 / 第3番嬰ハ長調
●シューマン:幻想曲ハ長調作品17

〈平均律による演奏〉
●ベルク:ソナタ作品1
●ドビュッシー: 前奏曲集第1集よりー第1曲デルフィの舞姫 / 第4曲夕べの大気に漂う音と香り / 第5曲アナカプリの丘 / 第8曲亜麻色の髪の乙女 / 第10曲沈める寺 / 第12曲ミンストレル
●J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻より前奏曲ー第1番ハ長調

録音:2020年1月 静岡音楽館AOI(ライブ録音) ECL301

<曲目>
1. J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番ハ長調より 前奏曲 BWV846
2. J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第8番変ホ短調より 前奏曲 BWV853
3. J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第3番嬰ハ長調より 前奏曲 BWV848
4. シューマン: 幻想曲 ハ長調 作品17 第1楽章 どこまでも幻想的かつ情熱的に
5. シューマン: 幻想曲 ハ長調 作品17 第2楽章 中庸なテンポで、非常に精力的に
6. シューマン: 幻想曲 ハ長調 作品17 第3楽章 ゆるやかに演奏し、常に静けさを持って
7. ベルク: ソナタ 作品1
8. ドビュッシー: 前奏曲集 第1集 第1曲 デルフィの舞姫
9. ドビュッシー: 前奏曲集 第1集 第4曲 夕べの大気に漂う音と香り
10. ドビュッシー: 前奏曲集 第1集 第5曲 アナカプリの丘
11. ドビュッシー: 前奏曲集 第1集 第8曲 亜麻色の髪の乙女
12. ドビュッシー: 前奏曲集 第1集 第10曲 沈める寺
13. ドビュッシー: 前奏曲集 第1集 第12曲 ミンストレル
14. J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番ハ長調より 前奏曲 BWV846

インスピレーション ~シューマン・ピアノアルバム~

ピアニスト後藤友香理による初のシューマン・アルバム。クライスレリアーナ、ダヴィッド同盟舞曲集の他、クララ・シューマンのソワレ・ミュジカルも収録。

シューマンに関する演奏と論文で博士号を取得した後藤友香理ならではの選曲で、クララとシューマンの、音楽を介したやりとりを感じることができます。

 

録音:2016年9月 スタジオ・ブレーメン

<曲目>
1. C
.シューマン: ソワレ・ミュジカル 作品6より 第2曲 ノットゥルノ
2. 
C.シューマン: ソワレ・ミュジカル 作品6より 第5曲 マズルカ

3-20 R.シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 作品6
21-28 R.シューマン: クライスレリアーナ 作品16